旧表示指定成分

旧表示指定成分とは、「使う人の体質によってごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分」として、厚生省(現在の厚生労働省)が、1980年に厚生省告示第167号で指定した102種類(香料を入れると103種類)の成分の事です。
アレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分
当時、化粧品による肌トラブルが多発して問題化していたため、これ以降、薬事法の規定によって、これらの成分の製品への表示が義務づけられました。

こうして、これらの成分は「表示指定成分」と呼ばれるようになりました。

以後、使用者は、事前にアレルギーなどを避けられるようになった訳ですが、もちろん問題のある成分はこれだけではありません。

化粧品によるアレルギーや肌トラブルは、体質の関係もありますが、相変わらず跡を絶ちませんでした。

その結果、2001年4月1日から、さらに薬事法が改正され、化粧品の全成分表示が義務化されました。 (医薬部外品の化粧品は除く)

こうして化粧品に使用される全ての成分が表示指定となったため、
2001年以降は、「表示指定成分」から「旧表示指定成分」と呼ばれるようになりました。

なお、無添加化粧品は、もともとこれらの『表示指定成分無添加化粧品』という意味で、使用され始めたのが最初になっています。

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン