エラスチン

エラスチンとは、真皮層のコラーゲン繊維を束ねているヒモ状のタンパク質のこと!
(→コラーゲン

エラスチンは膠原線維を束ねる弾性繊維

真皮の約70%を占めるコラーゲンに比べて、エラスチンは約2〜5%とごく僅か。

でも、図のように網目状のネットワークを形成するコラーゲン繊維同士を、結束帯のようにしっかりと結びつけ、支える事でお肌のハリと弾力を生み出しています。


さらに、真皮の他にも、靭帯や動脈など、強い弾性と剛性が必要な組織も、実はエラスチンが主成分!

このためでしょうか?
膠原線維と呼ばれるコラーゲンに対し、エラスチンは弾性繊維なんて呼ばれたりします。


さてさて、そんなこんなでお肌のハリと弾力の元になっているエラスチンですが、しつはコラーゲンとともに線維芽細胞というところで作られています。

ところが、この線維芽細胞、20代後半から30代になると徐々に動きが鈍くなり、40代を過ぎるとさらに働かなくなってしまいます。

このため、真皮層では、コラーゲン・エラスチンともに減少して行きます。

結果、コラーゲン繊維自体が減る上に、エラスチンが束ねていたコラーゲン繊維が緩み、網目状のネットワークが崩れ、お肌は従来のハリと弾力を保てなくなります。

こうして、お肌に発生するのが、タルミとシワです。

紫外線やストレス、糖分や脂質の摂り過ぎなど、様々な要素も関係しますが、40代を過ぎるとお肌にシワやタルミが目立つようになるのは、エラスチンやコラーゲンの減少による部分が多いという訳ですね。
(→光老化 , 糖化 , カルボニル化

っという事で、どうやらエラスチンは、エイジング対策を考える時に鍵を握る要素の1つと言えそうですね?

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン