ノンケミカル

ノンケミカルとは、元々は「紫外線吸収剤を配合しない日焼け止め」の事を指していました。

紫外線吸収剤は、紫外線が当たると肌の上で化学反応を起こして、紫外線を吸収する化学物質の事なのですが、この化学反応がお肌への刺激が強いため、肌にトラブルを起こすケースが多かったようです。(→SPF

このため、特に紫外線吸収剤を配合したアイテムをケミカル、配合していない物をノンケミカルとして扱うようになったようです。
(ノンケミカルの日焼け止めは、この紫外線吸収剤の代わりに酸化チタンや酸化亜鉛などの紫外線反射剤を配合しています。)

ただし、現在では、ノンケミカルと言えば、合成界面活性剤、合成ポリマー、合成保存料や防腐剤、合成着色料、合成香料などの化学合成物質を一切使用していないアイテムを指す場合が多くなって来ています。

このため、スキンケア、化粧品、シャンプーなど、日焼け止め以外のアイテムでも、ノンケミカルという用語が使われるようになって来ました。

ちなみに、当店の化粧品は、天然成分にこだわり、これらの化学合成成分を配合していませんので、ノンケミカル化粧品という事になるかと思います。

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン