合成界面活性剤

合成界面活性剤とは、弾き合って混ざらない性質を持つ水と油を、混ぜ合わせる性質の化学合成物質の事。
合成界面活性剤は、水と油両方の性質を持っています。
水にも油にも溶け込む性質を持つため、本来水では弾いてしまって落ちない油に溶け込んで、油汚れを水で流す「洗浄剤」として、また水と油を混ぜて白濁した乳液状の物質(エマルション)を作る「乳化剤」として使用されます。
(→乳化

洗浄剤の代表としては、台所洗剤や洗濯洗剤などで、成分のほとんどは合成界面活性剤です。

乳化剤としては、ワックスや塗料、接着剤などの水性成分と油性成分を使用した乳剤に使用されています。

化粧品分野では、洗浄剤としてクレンジングに、乳化剤として乳液やクリームやファンデーションなどに、感触改良剤として化粧水や美容液、チークやシャドーや口紅など、まさにありとあらゆるアイテムに使用されています。

ただし、合成界面活性剤を使った化粧品の使用には注意が必要です。

長期にわたる使用で、「お肌の防御機能が弱くなり敏感肌に傾くのでは?」「お肌の保水力が落ち乾燥肌に傾くのでは?」「メラニンを刺激してシミの原因になるのでは?」などの危険性も指摘されているからです。

汚れ落ちが良かったり、乳剤で使いやすかったり、感触が良かったりと長所と言える点はあるのでしょうが、お肌を傷めてしまうようでは本末転倒です。

使用の際には、良く注意したいものですよね?

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン