乾燥性脂性肌

乾燥性脂性肌とは、お肌の乾燥が原因で脂性に傾いてしまった肌質の事。
表面は皮脂でベタベタ、内側は乾燥!
乾燥したお肌というと、カサカサとか粉吹きなどの状態をイメージしがち。

でも、お肌の乾燥がひどくなると、お肌はこれ以上の水分蒸発を防ぐために大量の皮脂を分泌して、お肌に分厚い油膜を張ろうとします。

すると、お肌の内側は乾燥でカラカラに乾いているのに、お肌の表面は皮脂でベトベト&テカテカ状態になります。(→インナードライ

この状態が、乾燥性脂性肌です。
お肌がこの状態になると、とにかく皮脂でテカりますので、何度も洗顔したり皮脂を拭き取ったりしがちです。

でも、元々の原因がお肌の乾燥なので、洗顔や皮脂の拭き取りは、さらに乾燥を進めてしまい逆効果になります。

当店のデータでは、しっかり保湿をしてあげる事、特にクリームを使用する事で解決する場合がほとんどです。

化粧水・美容液で、角質の内側を潤してあげて、クリームで油膜を張ってしまう事で、それ以上の皮脂の分泌を抑えるという事ですね。

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン