コラーゲン

コラーゲンとは、人の体を作り上げているタンパク質の一種です。
髪や皮膚、筋肉や内臓、骨や軟骨など、あらゆる組織に存在し、体内のタンパク質の30%も占めています。

コラーゲンは、主に組織同士を繋ぎ止め、弾力や強度を作り出しています。
ハリや弾力、強度などを保つタンパク質
お肌では、おもに真皮層で、コラーゲン繊維という網目状のネットワークを作り上げ、お肌のハリや弾力、強度や柔軟性などを保つ働きをしています。

さてさて、コラーゲンと聞いて、まず一番に思いつくのは、ゼラチンではないでしょうか?

ゼラチンは、じつは、このコラーゲンを加熱して抽出したもの。

肉や魚の煮込みが冷めると、ゼリー状の煮こごりになりますよね?
じつは、あれの元がコラーゲンなんです。

そしてそして、スキンケア関連でコラーゲンと聞いて、まず思いつくのは、何と言っても「エイジング対策」ではないでしょうか?
そう、お肌のハリや弾力、そしてシワやタルミですよね?

紫外線を浴びたり、体内の活性酸素が増えたり、糖や脂質と結合すると、真皮のコラーゲン繊維やコラーゲンを束ねているエラスチンを断裂したり、コラーゲンを作リ出す細胞の機能が停止したりします。(→エラスチン

結果、お肌はハリと弾力を失い、深いしわやたるみが発生する訳です。
(→光老化 , 活性酸素 , 糖化 ,カルボニル化

コラーゲンについて、良くある勘違いが、『コラーゲンを飲んだり食べたりすると、翌日お肌がプルプルになる。』とか、『コラーゲンを塗ると、お肌に浸透してプルプルになる』とかでしょうか?

体内に入った栄養素がお肌のコラーゲン組織になるまでに、じつは半年から数年の時間が必要です。

しかも、摂取したコラーゲンは、体内で栄養素として分解&再合成されてしまうので、それがそのままコラーゲンにはならないんですよね。

さらに、お肌に塗ったコラーゲンは、「お肌に浸透してぷるぷる」というよりも、お肌の表面に薄い保護膜を張って、お肌の潤いを保ちます。

つまり、「お肌がぷるぷるになる手助けをする」をしてくれる訳です。

ちなみに、当店の美容液にも、人参から抽出した植物性コラーゲンを配合しています!

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン