パラベン

パラベンとは、化粧品や医薬品、食品や飲料などに防腐剤として配合される添加物の事。

正式には、パラオキシ安息香酸エステル類と呼ばれ、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、イソプロピルパラベン、ブチルパラベン、イソブチルパラベン、ベンジルパラベンなどの種類があります。

防腐剤としては歴史が古く、比較的安全性が高くその毒性も低いとされていますが、人によっては皮膚炎などの接触性障害やアレルギーを起こす危険性があるようです。
ポピュラーな防腐剤
また、発がん性や催奇形性なども疑われていたため、旧表示指定成分の1つとなっていました。
(→旧表示指定成分

パラベンは、化粧品の成分としては有名で、
防腐剤を代表するような成分ではないでしょうか?

このため、「パラベンフリー」や「パラベン不使用」などと集中攻撃を受けてしまいがちですが、防腐剤や保存料自体、その刺激性で雑菌の繁殖を抑えるという性質を持っています。

ですので、パラベン以外の防腐剤や保存料を使用しても、多かれ少なかれお肌に刺激があるのは当然の結果です。

では、防腐剤・保存料無添加にすれば良いのかというと、今度は、生鮮品のように冷蔵保存が必要なうえに、消費期限が短くなるという不都合が出てしまいます。

この辺の選択は、化粧品を工業製品と捉え、傷まない安定性を求めるのか?
逆に、生鮮品と捉え、冷やして早く使わないと傷む物と考えるのか?という考え方の違いになるかと思います。

当店では、化粧品を生鮮品と捉え、
パラベンなどの防腐剤や保存料無添加の化粧品を販売しています。

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン