フリーラジカル

フリーラジカル(ラジカル)とは、非常に不安定で反応しやすい分子や原子の事。

フリーラジカルと電子の関係 通常、原子は原子核と電子で出来ています。
この電子は、2つが対をなすことで、安定した状態を保っています。

ところが、フリーラジカルの場合、電子が足りない状態、つまり対をなしていない(不対電子)状態で存在しているため、非常に不安定になっている訳です。

さらに、フリーラジカルは、電子が足りないだけ、不安定なだけではなく、他の物質から電子を奪い自らを安定させようとする性質があります。

こうして電子を奪われてしまった体内の細胞などは、損傷し機能停止したり、完全に破壊されてしまったりします。(これが、いわゆる酸化と呼ばれる現象です。→お肌の酸化

例えば、お肌の場合だったら、エラスチンやコラーゲンなどを損傷・変質させたり、コラーゲンを生成する細胞の機能を弱めたり、破壊してしまったり・・・。
一言で言えば、老化の引き金になってしまう訳です。

この強烈な破壊力が、「ラジカル=過激な」という名前の語源になっています。

一方、免疫系はこのフリーラジカルの破壊力を、体内に侵入した異物に向ける事で攻撃力を得ています。
まさに、諸刃の剣といったところでしょうか?

このフリーラジカルの破壊力が肌細胞を壊さないようにするためには、ビタミンなどの抗酸化物質をふんだんに摂取し、体の細胞膜を抗酸化物質で覆う事が大切になります。

なお、活性酸素の一部は、このフリーラジカルです。
(→活性酸素

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン