UVB

UV-Bとは、紫外線B波の事。
UVBと肌の断面図
紫外線は、その波長の長さで、A波・B波・C波と分けられていますが、
このうち、280-315nm(1nmナノメートル=100万分1mm) の物をB波=UV-Bと言います。

UV-Bは、地上に届く紫外線のうちでは、波長が短くお肌の奥までは届きませんが、
肌表面で炎症の赤み、日焼け(サンバーン)の黒ずみやしみなどの急性反応の原因になります。

波長が短いため、日焼け止めやファンデーションの他にも、日傘や帽子、庇や木陰、窓ガラスなどで遮断出来ます。

直射日光を避けるという形で、比較的簡単に対策出来るかと思います。

なお、日焼け止めやファンデーションの紫外線遮断率の数値のうち、
SPFがUV-Bを遮断する数値になります。 (→SPF

※各紫外線の波長は下記の通りで、UVは紫外線を表すultravioletの略。
UV-A:315-400nm(波長が長く地上に届く)
UV-B:280-315nm(波長は短いが地上に届く)
UV-C:200-280nm(最も波長が短かく、地上に届かない)
(→UV-A,光老化

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン