無添加化粧品とは?

無添加化粧品って、どんな意味?

無添加化粧品って、どんな意味? お店や通販で無添加化粧品を見ていると、何だか色んなタイプの化粧品があると思いませんか?

「アレ?」なんて思って、説明書きやウンチクを良く読むと、無添加って言葉が微妙に違う意味で使われたり・・・。

そうかと思えば、「指定成分」とか「防腐剤」だとか、何だか余計な言葉や意味不明な単語が付いてたり。

コレって、何だかスッキリ来ないですよね?

こちらのページでは、「無添加化粧品とは?」という事で、そのあたりを、スッキリ整理してみたいと思います。

そもそも、無添加って何だろう?

無添加って、どういう意味? 無添加とは、本来は「添加していない」という意味。
簡単に言ってしまえば、「配合していません」という事ですね。


だから合成界面活性剤無添加と言えば、合成界面活性剤を配合してない化粧品、石油系成分無添加と言ったら、石油系の成分は入っていませんよーという意味なんです。

○○無添加といった感じで、○○を配合していないという事ですね。

「それじゃあ、○○が付いてない場合は?」

ただの「無添加化粧品」は、どういう意味で使われてるの?

単に「無添加化粧品」といった場合、じつは旧表示指定成分(※注)という102種類の成分を配合してないという意味の場合が多いんですね。

もちろん、場合によっては旧表示指定成分ではなく、何か別の成分を配合していないという意味で使われている場合もあるようです。

この辺が分かりにくくなってしまう原因なのかもしれませんが、そんな時は、ページを良く見てみると、何を配合していないのか記載してあるかな?なんて思います。

普通の無添加化粧品は?

旧表示指定成分とは
「アレルギーなどの皮膚障害を起こすおそれのある成分」として、厚生省がかつて表示を義務付けていた成分です。2001年からは、全成分表示となり、実質的に表示指定はなくなったため、現在では旧表示指定成分と呼ばれています。

ところで、ピュアノーブルの化粧品は?

ピュアノーブルの化粧品は、天然成分のみ使用! さてさて、ここまで読んで頂いて、無添加化粧品を少しだけ整理して頂けたかな?なんて思っています。

「ところで、ピュアノーブルの化粧品は何が無添加なの?」

当店の、基礎化粧品「マザーウッドシリーズ」は、ガッツリ本気モードの無添加化粧品。

「ベース成分と有効成分以外、一切何も配合していません!」という意味で使っています。

さらに、全成分を見て頂ければ分かると思うのですが、「天然成分以外は配合していません!」という意味でもあるんですよー。

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン