冬の肌荒れの原因と対策&改善法

かゆみにニキビに赤ら顔
冬の肌荒れの原因と対策って?


顔がかゆい・・・もしかして肌荒れかも?
冬は1年を通じて、一番肌荒れしやすい季節!

ちょっと気を抜くと「うーん、かゆいっ!」とか「あちゃー、ガサガサ?」なーんて。

しかも、そのままケアしないと、ニキビや赤ら顔など、もっと大きな肌トラブルに発展しまうケースも・・・。

このページでは、そんな冬の肌荒れの原因と対策&改善法をご紹介します!

厳しい季節を、しっかり乗り切りましょう!

冬の肌荒れの5つの原因って?

冬に肌が荒れやすくなる原因は、ザックリ分けると5つあります!

    CHECK!
  1. 気温の低下
  2. 皮脂の減少
  3. 空気の乾燥
  4. エアコンの乾燥
  5. 洗顔のお湯の温度が上がる

それぞれ、詳しく見ていきましょう!
区切り線

1気温の低下

冬場は目に見えて気温が低くなります。

気温が下がれば、当然肌表面の温度も下がって来ます。

肌表面の温度が下がると、血の循環が悪くなり、肌細胞に栄養が行き届かなくなったり、老廃物の排出がしにくくなったり。

その結果、ターンオーバーが乱れ、肌荒れや肌トラブルを起こしやすい状態になってしまいます。


区切り線
2皮脂の減少

気温が下がると、また皮脂や汗の分泌量が減って来ます。

お肌を保湿してくれる皮脂膜は、肌の上に棲む常在菌が皮脂と汗をエサにして作り出しています。

常在菌のエサが減れば、当然皮脂膜の量が減り、お肌は無防備で乾燥しやすい状態になってしまいます。

冬の肌は、皮脂膜が減り、乾燥しやすい状態 区切り線
3空気の乾燥

こんな感じで、気温の低下でターンオーバーが乱れ無防備なお肌に、冬の乾燥した空気が吹き付けます。

お肌にとって良い湿度は、60~65%と言われています。

ところが、1日の外気の平均湿度は、11月には60%を切り、12月~2月は50%を切る日が多くなります。

そんな湿度50%以下の空気が、容赦なくお肌から水分を奪って行く訳です。

乾燥した空気が、お肌から水分を奪う 区切り線
4エアコンの乾燥

外気の乾燥を避け、室内に入ると、今度はエアコンの乾燥が待ち構えています。

室内は気温は高いので、低温の弊害は避けられるものの、外気より乾燥してしまっているケースが多いようです。

エアコンをつけっぱなしのオフィスでは、湿度30%を切る事も多く、飛行時間の長い航空機の中などでは、なんと20%を切る事もしばしばです。

エアコンの乾燥で、湿度は30%~20%にも! 区切り線
5洗顔のお湯の温度が上がる

気温の低下と空気の乾燥で、フラフラになったお肌に、さらに襲いかかるのは洗顔時のお湯!

洗顔に適した水温は30~34度のぬるま湯です。

温水プールと同じくらいの水温で、顔につけるとちょっとヒヤッとする感じなのですが、寒い時期はついつい温度を上げてしまいがち!

そんな高めの温度のお湯で洗顔すると、皮脂膜をガッツリ洗い流してしまいます。

元々気温の低下で皮脂膜が減っているので、お肌はさらに無防備な状態に!


寒いから洗顔のお湯の温度を上げてしまおう!

4つの対策&改善法

っと、ここまで見てくると、冬の肌荒れ対策&改善法は!

「冷やさない」「乾燥させない」を基本に、こんなポイントに気をつければ良さそうですね?

    POINT!
  1. 顔を冷やさないようにする
  2. 保湿&保護ケア
  3. 暖房中の室内では加湿器を使う
  4. 洗顔時のお湯の温度は30~34度に

区切り線
1顔を冷やさないようにする

まずは、正常なターンオーバーのために、顔をなるべく冷やさないようにしましょう!

長時間外に居る時は、マフラーやマスクなどで顔を覆ってあげましょう。

それでも、顔が冷えてしまったと感じた時には、入浴時にバスタブに浸かりながら、手のひらで温めてあげると良いですね。

さらに、化粧水や美容液などは、手のひらで温めてからハンドプレスすると良いでしょう。

冬の冷たい風で顔を冷やさないようにしっかりガード! 区切り線
2保湿&保護ケア

「空気の乾燥」と「エアコンの乾燥」については、保湿&保護ケアで対策出来そうですね?

乾燥した空気や肌荒れには、油性のクリームが有効です!

    POINT!
  • 通常の乾燥対策や軽い肌荒れの時は、化粧水→美容液→クリームの保湿ケア
  • 肌荒れがヒドく水分が沁みる場合は、油性のクリームのみの保護ケア

軽度の肌荒れは保湿ケア
重度の肌荒れは保護ケア
区切り線
3暖房中の室内では加湿器を使う

エアコンや暖房を使用する時は、必ず加湿器を使うようにしましょう。

肌に良い湿度は、60~65%ですが、湿度60%を超えると、今度はダニやカビなどが繁殖しやすい環境になってきます。

加湿器の湿度を設定する場合は、60%を上限にすると良いでしょう。

もっと詳しく《参考》暖房やエアコン使用時の8つの乾燥肌対策

暖房中は、湿度60%を目安に加湿器を使う! 区切り線
4洗顔時のお湯の温度は30~34度に

「ちょっと冷たいかな?」っと感じても、洗顔時のお湯の温度は30~34度に設定しましょう。

基礎化粧品での保湿や保護も良いですが、洗顔時の脱脂力をなるべく低くしてあげて、自前の皮脂膜を育てて行ければ、さらに理想的ですよね?

もっと詳しく《参考》朝夜の洗顔と乾燥しない洗顔方法について
多少冷たく感じても、洗顔のお湯の適温は30~34度

まとめ

さてさて、この辺でまとめます!


冬の肌荒れの原因は。。。

気温の低下でターンオーバーが乱れ、皮脂が減り無防備な状態の肌に

外気の乾燥とエアコンの乾燥が襲いかかり

さらに、皮脂をガッツリ落とす高温のお湯で洗顔してしまうこと



対策&改善法は。。。

顔を冷やさずに

しっかり保湿&保護ケア

エアコンを使う時は60%を上限に加湿器を使用して

洗顔時のお湯は冷たく感じても30~34度程度に


。。。っという感じでしょうか?

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン