秋のスキンケアのポイント

秋のイメージ画像 秋は、強い陽射しや強烈な暑さがやわらいで、とっても過ごしやすい季節。
お肌にとっても、気温や湿度、大量の紫外線などの強い刺激が減り、1年のうちでも最も快適な季節です。

ただし、だからといって油断は禁物!

秋のお肌には、多かれ少なかれ夏のダメージが残っています。
そして、陽射しはかなり弱まってきたものの、9月〜10月の紫外線量は相当なもの。

さらに、冬に向けて日ごとに下がる気温と湿度。。。

秋のスキンケアは、夏のダメージのアフターケアと厳しい冬に備えながら、
日々のスキンケアをして行く!というのがポイントになって来るでしょうか?

    夏のダメージのアフターケア
  • 紫外線によるシミ・そばかす・クスミのアフターケア
  • エアコンの乾燥や汗による角質剥がれや不全角化のケア
    冬への準備
  • 厳しい乾燥と低温への準備

紫外線によるシミ・そばかす・クスミのアフターケアについて

紫外線を浴びると、お肌はメラニン色素を作り出し、盾のように並べて肌細胞を守ろうとします。

この紫外線による刺激がなくなると、肌を守る必要がなくなるので、普通なら、メラニンはターンオーバーで排出されます。

ところが、お肌の水分が足りないと、細胞間の老廃物のやりとりが上手く行かずに、メラニンがお肌に残り沈着してしまいます。

これが、紫外線でシミ・そばかす・クスミが出来る仕組みですよね?

水分が充分な肌と水分不足な肌

ではでは、お肌に残ってしまったシミ・そばかす・クスミを排出するには???

そう!
お肌の水分量をアップして、ターンオーバーを順調にしてあげれば良いですよね?


っという事で。。。
紫外線によるシミ・そばかす・クスミのアフターケアは、徹底的に保湿をしてあげる事。

この辺のさらに詳細は、下記を参照してみてください!

エアコンの乾燥や汗による角質剥がれと不全角化のケアについて

夏の室内はエアコンで、真冬並みの乾燥!
外に出れば出たで、大量の汗で角質がふやけてしまいます。

乾燥だけでも、角質が剥がれやすい状態なのに、さらに、室内→屋外→室内と移動するたびに、乾燥→汗でふやける→乾燥っと繰り返ぜば、完全に角質が浮いてしまいます。

そこへ、ハンドタオルなどで、汗をゴシゴシ拭いてしまったら。。。
角質がごっそりと剥がれてしまいますよね?

汗でふやけた角質は、タオルでこすると剥がれてしまう!

秋のお肌は、そんな夏の角質剥がれ繰り返しのダメージで、不全角化に陥ってしまっている場合が多いんです。

そんな時のケアは、やっぱり徹底した保湿!

ただし、角質が剥がれて薄くなってしまっている場合は、化粧水や美容液を浸透させ、保水する事が出来ないばかりか、逆に水分がお肌にヒリヒリと滲みたり、刺激になってしまう場合もあります。

ですので、まずは洗顔後に油性のクリームだけの、お肌を保護するケアをしばらくは続けます。

そして、角質がしっかり育って来たところで、今度は、化粧水→美容液→保湿クリームという水分を使った保湿ケアをしてあげると良いでしょう。

角質が薄くなっている場合は、水分を使わず、まずはクリームだけでケア!

厳しい乾燥と低温への準備について

エアコンや暖房器具の乾燥 冬は1年のうちで、お肌にとって一番厳しい季節です。

激しい乾燥と冷気が、容赦なくお肌に襲いかかり、お肌から水分を奪い、低温が血管を萎縮させ血行を滞らせます。

冷気の方は、まだ室内という逃げ場があるのですが、乾燥の方は、暖房器具やエアコンで暖まった室内でも、やっぱりお肌から水分を奪ってしまいます。

このような厳しい季節に、ダメージを最小限に抑えるためには、お肌の最前線の盾である角質を、出来るだけ万全な状態にしておく必要があります。

つまり。。。

「シミ・そばかす・クスミのアフターケア」でやった、「水分量をアップして、ターンオーバーを順調にするケア」。

さらに。。。

「乾燥や汗による角質剥がれと不全角化のケア」でやった、「クリームで保護するケア」を日々実施して行けば良い訳ですね?

冬のスキンケアのまとめ

っという事で、この辺でもう一度簡単にまとめてみますね!

秋の日々のスキンケアのポイントは。。。

    POINT!
  • 角質の内側の「水分量をアップして、ターンオーバーを順調にするケア」
  • ただし、角質が薄くなったり傷んだりしてる場合は、「まずはクリームだけのケア」
  • 角質がしっかり育ってきたら「水分をたっぷり使ったケア」

シンプルですが、こんな感じで夏のダメージケアと、冬への準備を一挙にこなせるかと思います!

秋のスキンケアのまとめ

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン