化粧水で肌の水分量を上げる正しい方法は?

以前、肌の水分量が低いと診断された事があります。

それ以来、化粧水をたっぷり使ったり、ローションパックをしたり、蒸しタオルの後に化粧水を使ったり。」 良いと言われる事は色々やったのですが、あまり変化はありません。

化粧水では、お肌の水分量は上がらないんでしょうか?

先日お客さまから、こんなお問い合わせを頂きました。

お肌の水分量が低いと聞いたら、一番に思いつくのは、やっぱり化粧水ですよね?

角質の奥に、たっぷり水分を送り込んであげれば、素早くお肌が潤ってくれそうな気がします。

でも、これってある一面では当たっているのですが、じつは、ある一面では当たっていないんですね。

ローションパックや蒸しタオルでも、なかなか水分量が上がらないのは?

っという事で、このページでは!
化粧水でお肌の水分量を上げる正しい方法についてお話します!

油性のクリームでフタをして蒸発を防ぐ!

まずは、当店とお付き合いの長いお客さまは、すでにご存知かと思いますが。。。

お肌に化粧水や美容液を入れてあげたら、水分がお肌から蒸発する前に、すぐに油性のクリームでフタをしてあげないといけませんよね?

そうしないと、化粧水などの水分が蒸発する時に、お肌の中の水分も引き連れて、一緒に蒸発してしまいます。

つまり、化粧水や美容液などでケアして、そのまま放置すると、かえってもっと乾燥してしまう訳ですね。

この状態を、過乾燥と言います。

当店では、この過乾燥を防ぐために、化粧水や美容液が乾き切る前に、間髪入れずにクリームでフタをするケアをおすすめしています。

過乾燥に注意!

化粧水を入れ過ぎない!

化粧水をお肌にのせると、どこまで浸透するかご存じですか?

じつは、どんなに入っても、角質層最下部のバリアゾーンまでなんです。

つまり、わずか0.02ミリ、サランラップと同じ薄さの角質層止まりという事なんですね。

っという事は、顔の面積のそんな薄い部分に、そんなに大量の水分は蓄えられません!

さらに、良ーく考えてみると。。。

大量に化粧水を入れるという事は、化粧水を入れ始めてから、クリームでフタをするまでに、長い時間かかるという事ですよね?

つまり、何が言いたいかというと!

大量に化粧水を入れようとしても、そんなに入らないし、ほとんどが蒸発してしまい、逆に過乾燥になってしまうという事!

化粧水の入れ過ぎ
たっぷり使うといっても。。。

    POINT!
  • 1円玉くらいの大きさの量の化粧水を手に取り、ハンドプレス
  • 3回ほど、感触でお肌が吸い込まなくなるまで重ねづけ

。。。そして、間髪入れずに美容液→クリームでフタをしてしまいましょう!

角質をしっかり育てる事!

ここまで読んで頂くと、お肌にのせた化粧水がどこに入って行くのか分かって頂けたと思います。

そう!角質層ですよね?

角質層がお肌の中で、水分を蓄える貯水槽のような役割をしている訳ですね?

ではでは、水分をたくさん蓄えるためには、どうすれば良いかというと、何よりもこの貯水槽がしっかりしている事が大切!

乾燥や刺激で角質が剥がれたり、薄くなったりしていると、貯水槽が壊れてしまっていたり、小さかったりしますよね?

この状態で、化粧水などの水分をたっぷり入れたとしても、無駄になってしまうか、逆に刺激になってしまうだけ!


角質層は、水分を貯える貯水タンク

つまり、お肌の水分量をアップするには、まずは何よりも角質をしっかり育てる事が先決という事ですね。

食事や生活習慣で角質層以下をしっかりケア

さらに、もう一歩進んで考えてみましょう!

角質層で水分を抱え込む役割をしているのは、何でしょうか?

そう!皮脂膜・細胞間脂質・NMFの3つの保湿因子ですよね?

角質層の3つの保湿因子

お肌の水分量が低い人は、これらの保湿因子が減ってしまっている事が分かっています。

この弱くなった保湿力を補うのが、基礎化粧品な訳なのですが。。。

仮にどんなに優秀な化粧品があったとしても、お肌が元々持っている機能と同等を求めるのは、難しいですよね?

そこで、天然の保湿因子を減らさずに増やすような日常生活が望ましい訳です!

まずは、殺菌成分や強い洗浄成分を避け、お肌表面の常在菌を殺さないよう心がけ、皮脂膜を減らさないようにしましょう!

皮脂膜の増やし方

そして、細胞間脂質やNMFの大元は、どこで作られているかというと、スキンケアでは届かないお肌の深い部分ですよね?

つまり、細胞間脂質やNMFを増やすのは、スキンケアではなく、食事や生活習慣によるケアという事!

細胞間脂質&NMFの増やし方

まとめ

さてさて、こんな感じで見てくると、水分量を上げる正しい方法は。。。

    POINT!
  • まずは、化粧水を使ったらすぐにクリームでケアしましょう!
  • そして、化粧水を入れ過ぎないようにしましょう!
  • でもその前に、角質をしっかり育てましょう!
  • 食事や生活習慣でお肌の深い部分のケアをしましょう!

っとこんな感じで!

化粧水や美容液やクリーム、スキンケアのテクニックも大切ですが。。。

『角質層はスキンケアで整え、お肌の深い部分は食事や生活習慣で整える!』という原則を忘れないように!という感じでしょうか?

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン