敏感肌の原因とは?

バリア機能が弱くなる原因は?

バリア機能が弱くなる原因は? 敏感肌は、角質が薄くなってしまったり、角質細胞が隙間だらけになってしまったりして、バリア機能が弱くなり、異物が侵入しやすくなったお肌の状態ですよね?

ではでは、そもそも角質が薄くなったり、隙間だらけになってしまう原因とは何なのでしょうか?

敏感肌の原因には、ストレスや睡眠不足などの内的なものも一因ではあるのですが、多くのケースでは、洗浄力の強いクレンジングの使用、毛穴ケア・ピーリング・スクラブ・顔剃りなど、刺激の強いスキンケアで角質を薄くしてしまう事が発端となっているケースが多いようです。

これらの刺激の強いスキンケアを続けると、お肌表面の成熟した角質細胞がどんどん剥がれ落ちてしまい、代わりに、未熟な角質細胞が肌表面に押し上げられてきます。

不全角化

未熟な角質細胞は、形も不揃いな上に薄く貧弱なため、見た目にも肌理が揃っていない状態ですが、バリア機能も未熟で弱く、異物の侵入を防げなくなっています。

さらに悪い事に、水分保持力が極端に弱くなっています。

お肌の水分が減少しお肌が乾燥すると、角質の細胞と細胞の間に隙間が出来始めます。
そして、細胞の間に隙間が出来始めると、細胞の間を取り持つセラミドという脂質がまでが減って行ってしまいます。

こうなってしまうと、お肌のバリア機能はボロボロ!

水分と脂質でしっかり張られていたお肌の表面のバリアは見る影もなく、未熟で薄い、そして隙間だらけの角質をすり抜けて、異物がどんどんお肌に入って来てしまいます。

これって、もう完全に敏感肌ですよね?

バリア機能の低下と敏感肌

敏感肌の原因となるスキンケアや習慣とは?

それじゃあ、敏感肌の原因って? 敏感肌の原因は、多岐にわたると思いますが、大きく分けると、体の外側からの刺激のような、外的なものと、体の内側から起こるとされる内的なものがあると言われています。

外的なものには、上記でも触れましたが、当店で常に言っている「洗い過ぎ」「いじり過ぎ」が主なもの、内的ななものとしては、やはり不摂生が主なものになるでしょうか?

とりあえず、簡単に整理しましたので、良かったら参考にしてみてください!

    外的な原因とされるもの
  • 洗浄力・脱脂力の強い、合成洗剤や洗顔料の使用
  • 刺激の強い化粧品や肌に合わない化粧品の使用
  • 過度の洗顔や、刺激の強い洗顔方法
  • 毛穴ケア、ピーリング、スクラブなど角質を剥がす行為

敏感肌の原因となるスキンケアとは?

    内的な原因とされるもの
  • 遺伝的体質(アレルギー体質など)
  • 年齢的に起こる乾燥肌
  • ホルモンバランスの異常
  • 睡眠不足
  • 内臓の機能障害
  • 栄養バランスの崩れ
  • ストレスの増加
  • 運動不足による血行不良
  • 便秘
  • 喫煙 etc.

敏感肌の原因となる生活習慣とは?

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン