アトピー肌におすすめの基礎化粧品の使い方

アトピー肌だと、優しい基礎化粧品でも沁みる?!
そんな時、どうする?


先日、お客さまから、こんなお問い合わせを頂きました。
現在私は、アトピー性皮膚炎を患っています。

アトピーでも使える良い基礎化粧品を探していて、こちらに辿り着きました。

さっそくトライアルセットを試してみたのですが、化粧水と美容液がちょっと滲みてヒリヒリするようです。

私の顔の肌質はカサついていて、場所によって粉吹きや赤みもあるような感じです。

今後どういったケアすれば良いでしょうか?
ヒリヒリとしみる!

化粧水や美容液など、水分系の基礎化粧品がお肌に沁みる!

アトピー肌の方の場合、良くあるケースかもしれませんね?

まずは、お肌の上で何が起こっているか、見てみましょう!

お肌にのせた化粧水や美容液はどこに浸透するの?

お肌に化粧水や美容液をのせ、ハンドプレスすると、スッとお肌に浸透して行きます。

コレって、いったいお肌のどこに浸透するかというと・・・

そう!角質ですよね?


お肌の最表面を覆っている角質は、ケラチンというたんぱく質で出来ています。

ケラチンには、たくさんの空洞があって、そこに水分が蓄えられ、潤った状態になります。

簡単に言うと、角質が「保水タンク」になっている訳です!

角質が水分をキープ!

アトピー肌の角質の状態は?

ではでは、アトピー肌の角質の状態はどうなっているのかというと・・・

こちらのお問合わせにもあるように「顔の肌質はカサついていて、場所によって粉吹きや赤みもある」状態。

健康な肌とアトピー肌の表面

つまり、掻いてしまったり、免疫が誤作動してしまったりして、「ところどころ角質が剥がれて炎症を起こしている状態」です。

保水タンクが無くなってしまっていたり、傷付いて壊れてしまっている感じでしょうか?

ここに、化粧水や美容液などを浸透させようとすると・・・

保水タンクが無いので、水分を蓄えられないばかりか、優しい成分であっても傷や炎症に滲みるのは無理ないですよね?

傷がヒドく優しいコスメもしみる!

水分の基礎化粧品が沁みる時、どうする?

ではでは、そんな時は、どうするかと言うと・・・

化粧水や美容液などの水分を含んだ基礎化粧品は使わず、油性のクリームだけを使った保護ケアがオススメです!

油性のクリームで、お肌に油膜の保護膜を張ってあげている間に、徐々に角質が厚くなりや炎症も治まって来るかと思います。

まずは、油性のクリームだけを使った保護ケアをしばらく続けて、角質が厚くなり水分を浸透させる部分が育って来たところで、化粧水と美容液とクリームを使った保湿に切り替える!

アトピーで基礎化粧品がしみる場合のスキンケア

っと、こんな感じのケアがおすすめです!

傷んだお肌を保護したり水分の蒸発を防ぐのが、油性のクリームの役割!

健康なお肌をさらにふっくらさせるのが、化粧水や美容液の役割という風に考えて頂くと良いかもしれませんね?


その他のポイントは、こんな感じ!

    POINT!
  • 角質剥がれや炎症を助長するので、メイクはなるべくしない
  • クレンジングは使用せず、石鹸洗顔も1日1回程度に抑える
  • 洗顔や入浴の後、間髪入れずにクリームでピタッとフタ
  • 角質が厚くなり炎症が治まったら、化粧水→美容液→クリームの保湿ケア
  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン