アトピー肌の脱ケミと上手なスキンケアについて

問い合わせメールのイメージ 私は、アトピー体質で、肌質的には乾燥性敏感肌です。
ケミカル成分でトラブルを起こしやすいようなので、脱ケミを実行しています。

こちらの化粧品を使って大丈夫でしょうか?
また、アトピー体質に合う上手なスキンケアがあれば、教えてください!

先日お客さまから、そんなお問い合わせを頂きました。

脱ケミの一環でピュアノーブルの化粧品を使っても大丈夫?

アレルゲン アトピーは簡単に言えば、免疫系の過剰反応によるお肌のアレルギー反応の事。

ハウスダストやダニ、カビや汗あたりは、アレルゲンとしてかなり有名な物質ですよね?

この他にも、石鹸や化粧品に配合されている防腐剤や保存料、香料などのケミカル成分に反応を起こしている場合も多いようです。

このため、脱ケミカルを実行しているという事ですよね?

当店の化粧品は、天然成分にこだわって作っているため、もちろんケミカル成分は使用していません。

ですので、脱ケミの一環としてお使い頂くのは、もちろんOKです!
パッチテスト

ただですね、アレルギー体質の場合、天然成分やお肌に優しいとされる成分をもアレルゲンとして反応を起こす場合があると思うんですね。

つまり、当店の化粧品の成分であるハーブや蜜蝋などにも、お肌が反応するケースも考えられる訳ですね。

ですので、まずはトライアルセットからお試し頂いて、充分にパッチテストをおこなってから、本品をご使用頂ければと思います。

アトピー肌に合う上手なスキンケアとは?

アトピー性皮膚炎というアレルギーが出やすい方には、共通して見られる肌質があります。
それは、乾燥肌という点です。

乾燥肌で、しかもお肌の中のセラミドという成分が減りやすい肌質という共通点が見られます。

セラミドは、お肌の角質層の細胞間脂質の主成分であり、お肌のバリア機能や保湿機能を司る重要な成分!

アトピー肌の方は、このセラミドの合成障害を同時に抱えてる場合も多く、お肌のセラミドの量が、非常に少なくなっています。

結果、肌のバリア機能が著しく低下し、痒みや肌トラブルが起こり、保湿機能の低下で、お肌がカサついてしまう訳ですね。

正しい対策とスキンケアを考える意味で、ここまでの経過を簡単にまとめると。。。

健康的な肌とセラミドの減少した肌

アトピーへの経過
乾燥肌タイプの肌質だった

食事や化粧品などからのケミカルの蓄積でアトピー性皮膚炎発症

アレルゲンに反応し、痒みなどの肌トラブルが起こる

掻きむしり、セラミドの合成障害などでバリア機能・保湿機能が低下


っとこんな感じでしょうか?

この段階での、上手なスキンケアは、丁寧な保湿をして、
低下したバリア機能と保湿機能を補ってあげる事になるかと思います。


保湿強化 ですので、当店でいつもオススメしている保湿を行なって頂ければ良いかと思います。

具体的には。。。

    POINT!
  • 落ちやすいメイクを心がける事。
  • クレンジング&洗顔の刺激を最低限に抑える事
  • 洗顔や入浴の後、間髪入れずにスキンケア
  • 化粧水→美容液とお肌に入れ、乾き切る前にクリームでピタッとフタ

さらに、お肌のセラミドが減ってしまった状態の場合は、外部の様々な物質がバリア層を通過するようになると思います。

すると、汗やホコリなどのちょっとした刺激にも、痒みをヒリヒリ感を感じてしまったり、お肌の中の抗体が反応してしまったり。

つまり、こうなってしまうとアレルゲン以外にも、バリア層を通過する物全てに、刺激を感じてしまう事が予想されます。

この段階での上手なスキンケアは、角質に浸透させるような物。
つまり、化粧水や美容液は使わない方がベターかもしれません。

アトピー症状が進み、さらにセラミドが減少した肌
化粧水や美容液が沁みるときは、クリームのみのスキンケア

    POINT!
  • メイクはなるべくしない
  • 石鹸洗顔も1日1回程度に抑える
    (もしくは、水orぬるま湯洗顔のみ)
  • 洗顔や入浴の後、間髪入れずにクリームでピタッとフタ

こんな感じで、クリームのみのスキンケアをしばらく続けて、お肌の調子が上向いて来たら、化粧水と美容液も使って丁寧に保湿してあげてくださいませ。

  • このページをはてなブックマークに追加

Follow Me!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Line
  • メールマガジン