細胞間脂質やNMFを増やし、肌の水分量をアップする食事って?

お肌の水分保持力を考えた時、その大部分を担っているのが、じつは細胞間脂質やNMFなどの保湿因子です。

お手軽にスキンケアで、これらの保湿因子を増やしてあげる事が出来れば良いのですが、細胞間脂質やNMFは、お肌の奥で自分の体が作り出している物!

スキンケアで減らないようにサポートする事は出来ても、直接増やすのは、ちょっと難しいですよね?

そこでそこで、今回は!

細胞間脂質やNMFを増やし、肌の水分量をアップする食事について、まとめてみました!



細胞間脂質を増やす食事とは?

まずは、細胞間脂質を増やす原料となるのが、じつは、「コレステロール」

コレステロールと言うと、動脈硬化や脳疾患、高脂血症や高血圧、その他成人病などの原因とも言われ、あまり良いイメージはありません。

でも、じつは!

高脂血症の治療で、コレステロール値を下げる薬を飲むと、たちまち肌の細胞間脂質が減り、乾燥でカサカサになってしまう事が知られています。

こんな時は、保湿クリームで対処するのですが。。。もちろん、それだけで追いつくはずもありません。

そこで、食事療法として勧めらているのが「魚油」や「亜麻仁油」「えごま油」などの「オメガ3脂肪酸系の油」です!

オメガ3系脂肪酸なら、LDL(悪玉コレステロール)値を低下させて、HDL(善玉コレステロール)を増やしてくれますので、高脂血症や成人病などを予防しながら、みずみずしいお肌をキープ出来るという訳ですね。

※オメガ3系の油は、酸化が早く、過酸化脂質が心配だ!なんて方は、ビタミンC、ビタミンE、ベーターカロテンなどの抗酸化力のある成分と一緒に摂ると良いでしょう。


そして、細胞間脂質の生産量を増やしてくれるのが「ビタミンD」

肌細胞の分裂や脂質代謝を促す事で、細胞間脂質を増産するのですが、細胞自体を強くする働きもあるので、角質層全体に良い成分といった感じでしょうか?

ビタミンDがたくさん含まれる食品も、じつは「魚」です!


nmf



NMFを増やす食事とは?

NMFは、体内のアミノ酸を原料に作られています。

アミノ酸は全部で20種類あるのですが、このうち9種類は人間の体内で合成する事が出来ません!

NMFを増やすためには、「必須アミノ酸」と呼ばれるこれらのアミノ酸を、バランス良く摂らなければいけないという事ですね?

必須アミノ酸のバランスは「アミノ酸スコア」という数値で表します。

一番バランスの良い食品がスコア100で、以下、数値が減るにしたがい、バランスが悪くなって行きます。

つまり、アミノ酸スコアが100に近い食品ほど、NMFを増やしてくれるという事!


ではでは、アミノ酸スコアが100の食品はというと。。。

「肉類、魚類、卵、牛乳、ヨーグルト」など
です!



まとめ

ここまで見てくると。。。

細胞間脂質を増やすには「コレステロール」と「ビタミンD」

コレステロールは、「魚油」や「オメガ3系脂肪酸」で摂取!

ビタミンDは、「魚」で摂取!

油の酸化が心配なら、一緒に「野菜」「抗酸化系ビタミン」を摂取!


NMFを増やす「必須アミノ酸」をバランス良く摂るには、「肉類、魚類、卵、牛乳、ヨーグルト」を摂取!


。。。っという感じでしょうか?


どうやら、意識して食卓に「魚」を増やして、新鮮な野菜で彩ってあげれば、「細胞間脂質」も「NMF」も弊害を出さずに増やして、お肌の水分量をアップ出来そうですね?


ちなみに!
お肌の水分量をアップするスキンケア法については、下記を参照してください!

化粧水で肌の水分量を上げる正しい方法は?
http://www.purenoble.com/column/hositu/lotion.htm


noriko


coupon

○キレイの裏ワザをメルマガで無料配信しています!

ご購読はこちらから >>




------>8-------- チョキチョキ -------->8------


○今月の割引クーポン

※有効期間:2017年6月30日23時まで

下記クーポン番号をお買い物かごの
ところにある「クーポン番号」記入欄にご記入ください。

全ての商品を3%引きとさせていただきます。

今月の番号は・・・

9135

です。

無添加でオーガニックな基礎化粧品一覧 >>

割引クーポンの使い方 >>


------>8-------- チョキチョキ -------->8------

ページの先頭に戻る




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ